読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ThinkPad X1で行こう!

ThinkPad X1 Yoga のレビューとか…

海外生産のThinkPad X1 Yogaの外観チェック、いろんな角度から撮影してみた

X1 Yoga レビュー

開封してThinkPad X1 Yogaの各部を見てみる

天板の右手前にThinkPadのエンブレムがあります。この「i」の点は通電すると赤く光ります。エンブレム以外はまっさら、のように見えて、目立たないように左奥にLenovoの文字がプリントしてあります。全体として艶消しブラックの落ち着いた雰囲気。指紋も目立ちにくい仕上げです。

f:id:tonf:20160412231345j:plain

f:id:tonf:20160413203130j:plain

f:id:tonf:20160413203206j:plain

 

底面はスピーカーが特徴です。斜めの部分にスピーカーがあるので、机に置いているときでも、タブレットモードで天板が接近しているときでも、ふさがれない位置に配されています。もしキーボード面にあるとタブレットモード時には裏になるので、うまく考えられています。記号などは目立たないように黒文字ですが、型番とシリアル番号とそのバーコードは小さなシールで白文字で記載されています。

f:id:tonf:20160413204215j:plain

 

わかりにくいのですが、吸気口の下に「1st Generation」「Lenovo  ThinkPad X1 Yoga」の文字がプリントされています。

f:id:tonf:20160413204620j:plain

 

ThinkPad Pen Pro-3は裏から指をかけて引き出しやすいようになっています。赤色がアクセントになっています。机に置いているとき、タブレットモードにしているときは、指が入らないので若干浮かせないと引き出せません。できれば、押すと一段飛び出る機構がよいです。

f:id:tonf:20160412234016j:plain

f:id:tonf:20160412235814j:plain

 

背中側には排気口とmicroSDカードスロットがあります。microSDカードスロットはさらに蓋つきなのでアクセスしにくいと思います。アクセスしにくいのを前提に頻繁に出し入れしないとなれば、蓋があることは落下防止の面で安心感があります。

f:id:tonf:20160412234321j:plain

 

microSDカードスロットの蓋は少し開けにくいです。開け閉めしているうちに慣れてくるかもしれません。横のSIMカードスロットに有効なSIMカードを刺してみましたが全く無反応でした。

f:id:tonf:20160412235343j:plain

 

手前側には端子もなにもありません。ディスプレイを開けるための引っ掛かりもありませんが、写真のように少し緩めで、キーボードからディスプレイにかけて斜めになっていますので、指をかけると簡単に3cmほど開きます。逆に閉じるときは3cmほどまで閉じると静かめにパタンと最後まで閉じます。

f:id:tonf:20160413203031j:plain

f:id:tonf:20160413202839j:plain

 

右側面です。奥側(写真右)からHDMI、USB3.0、USB3.0、イヤホンの端子、ボリューム、電源のボタン、ThinkPad Pen Pro-3です。この2つのUSB3.0端子は電源オフ時に通電していません。USB3.0端子の間隔が2.5cmと広いので、大きめのUSBメモリも干渉せずに使えます。

f:id:tonf:20160413203324j:plain

 

ThinkPad Pen Pro-3は、収納時に充電式されます。15秒で80%、15分で満タンになるそうです。Penも電源も右手前にあり、右利きの人がアクセスしやすいようになってます。

f:id:tonf:20160413204736j:plain

f:id:tonf:20160413205204j:plain

 

ThinkPad Pen Pro-3は少し細身です。

f:id:tonf:20160413205454j:plain

 

左側面には、奥側(写真左)から電源、OneLink+ 、Mini DisplayPort、電源オフ時も通電するUSB3.0の各端子があります。抜き差しの頻度が少ない順のようです。

f:id:tonf:20160413210358j:plain

 

電源端子は長方形ですが、上下逆に刺しても良いようになっています。となりのOneLink+は台形のため上下が決まっていますが、マークがありますので間違うことはないです。+(プラス)ではない「OneLink」端子の製品とは互換性がないそうなので、購入の際は注意が必要です。

f:id:tonf:20160413210855j:plain

f:id:tonf:20160413211425j:plain

 

ディスプレイを開いたところ。グレア(光沢タイプ)ほどではありませんがそこそこ映り込みがあります。Penの使用のためにはある程度滑らかさが必要なのかもしれません。

f:id:tonf:20160413211803j:plain

 

ディスプレイ上部にはカメラがあり、使用時には緑のランプが光ります。その左の丸は照度センサーでしょうか。

f:id:tonf:20160413212744j:plain

 

キーボードはThinkPad X1 Carbon 2015モデルから使いやすさが復活したといわれている6列キーボード、独立クリックボタンタイプです。私が打ちやすさにあこがれていたものです。これだけでも買った甲斐があります。

f:id:tonf:20160413212834j:plain

f:id:tonf:20160413213635j:plain

f:id:tonf:20160413220456j:plain

 

十字キーの前にはタッチタイプの指紋認証センサーがあります。スライド式は認証エラーが多い印象でした。早速使っていますが、認証が超高速です。 

f:id:tonf:20160413213309j:plain

 

ディスプレイを回転させてみました。閉じた状態から270度以上回転させるとキーボードが沈みこんでいきます。実際のところは、キー周りのカバーとディスプレイ側の足がキートップの高さ分せり上がってキーを保護する仕組みです。

f:id:tonf:20160413214048j:plain

f:id:tonf:20160413214215j:plain

f:id:tonf:20160413214247j:plain

f:id:tonf:20160413214313j:plain

f:id:tonf:20160413214332j:plain

f:id:tonf:20160413214434j:plain

 

オプションで変更したThinkPad 65W スリム ACアダプターは長さが全体で90cm弱です。本体は厚さ2cmと薄く、iphone6の画面(4.7インチ)ほどの面積があります。

f:id:tonf:20160413214814j:plain

f:id:tonf:20160413214859j:plain

 

ThinkPad OneLink+ イーサネットアダプターは長さが約15cmです。

f:id:tonf:20160413215124j:plain

f:id:tonf:20160413215156j:plain

 

いかがでしたでしょうか。早速電源を入れたくなります。

f:id:tonf:20160413220727j:plain