読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ThinkPad X1で行こう!

ThinkPad X1 Yoga のレビューとか…

スペック比較は不要! ノートパソコンにThinkpad X1 Yogaを選ぶ3つの理由

X1 Yoga レビュー

ThinkPad X1 Yogaを選択することは時間を買うことになります。他のノートパソコンとスペック比較する必要はありません。スペック表に現れない部分の完成度が高いのです。操作性の高さで時間的な効率も高まります。それは手にした後に必ず実感できます

f:id:tonf:20160424214716j:plain

理由1 マウスの代替手段が3つもある贅沢

デスクトップではなくノートパソコンを選ぶ理由は、省スペース性と可搬性。これを損なわないためにはマウスがなくても操作できる手段があること。それがThinkPad X1 Yogaには3つもあります。

  • トラックパッド(ThinkPadクリックパッド(3+2クリックパッド))
  • トラックポイント
  • マルチタッチディスプレイと本体収納充電式ThinkPad Pen Pro-3

いずれもThinkPadとしては歴史があり洗練されています。ひとつひとつが簡単・的確に操作できます。設定項目が豊富で微調整も可能です。

マウスの置き場所が狭い、無線マウスの電波が途切れる、そんなときも3つの手段で作業を止めることがありません。

 

理由2 モバイルなのにキーボードが秀逸

キーボードの打ちやすさの基準はキーの間隔(キーピッチ)と深さ(キーストローク)だけではありません。

キー配置、キートップ形状、キー表面の仕上げ、跳ね返りの強さ、打鍵音、これらをノートPCのキーボードでどれだけ配慮できるでしょうか。ThinkPad X1 Yogaのキーボードではそれぞれが高い次元で融合しています。

キーピッチは横だけでなく縦方向も19mmあり、手前側をラウンド処理していていることと合わせ、打ち間違いは自然に少なくなります。その上でキートップ表面はさらっとした処理をされていて指先への「優しさ」を感じられるなど、打ちやすさにも配慮されているのです。

 

理由3 機能とサイズとデザインのバランスが絶妙

必要な機能が、使えるレベルを維持したまま、最小サイズで搭載されています。

軽さと薄さを求めるためにキーボードが薄くなり使用頻度の高い端子類が削減されている、デザインを追求しすぎてディスプレイが開けにくい、そういった不便は一切ありません。

あくまでもPCで作業するという目的を満たすための十分な性能と機能を有し、使い勝手に最大限配慮したデザインになっています。

主要パーツは基礎構成でも十分ですし、ノートPCとして現状最高クラスの選択も可能で、デスクトップPCの代替としても使用可能です。その上でサイズと重量はノートPCとしての可搬性を保っており、軽さや薄さのみにこだわらない絶妙なバランスを維持しています。

  • CPU:Core i5-6200U (2.30GHz, 3MB) - Core i7-6600U (2.60GHz, 4MB) 
  • メモリ:8GB LPDDR3 1866MHz - 16GB LPDDR3 1866MHz
  • ストレージ:128GB SSD SATA - 1TB SSD PCIe-NVMe
  • ディスプレイ:14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS) マルチタッチパネル(10点) - 14.0型 WQHD IPS液晶 (2560x1440) マルチタッチパネル(10点)
  • 本体寸法:幅333x奥行229x高さ15.3-16.8mm、約1.36kg(標準構成時)
  • バッテリー駆動時間:最大約9.8時間 

 

ノートパソコンを選んでいる時間はもう不要です。「ThinkPad X1 Yoga」一択なのです。

※個人の感想であり、効果には個人差があります。