ThinkPad X1で行こう!

ThinkPad X1 Yoga のレビューとか…

ThinkPad X1 Carbon 2018 は2017と比べるとキーが少し固めかも(個人の感想です…)。そして、4月予定だったLTEのオプション選択開始時期と、2TB SSDのオプション選択について。

ヨドバシの展示機でThinkPad X1 Carbon 2017と2018を体感

先日、ヨドバシ博多に行く機会がありまして、ThinkPad X1 の展示コーナーに向かいまいした。

最新モデルのThinkPad X1 Carbon 2018が、2017のシルバーモデルと一緒に展示されていました。

隣同士で置いてあり簡単に比較できましたので、キーボードの感触を確かめたりしておりましたが、どうもThinkPad X1 Carbon 2018のキーボードのほうが反発があるというか、力強さがあるというか。ストロークも少し長めのような気がしてきました。

目視メジャーでもThinkPad X1 Carbon 2018のキー方が少し浮き気味に見えました。

打ち込みの音はそれほど変わりはありませんでした。

f:id:tonf:20180411210829j:plain

 

2016と2017ではキーボードにそれほど違いがないと思っていましたが、さすがに今回は差が大きいと感じたところです。そういったネット情報は目立ちませんし、これが個体差なのか、気のせいなのか、店員さんに聞いたわけでもないので定かではありません。長時間使うと少し疲れるかな~というのが個人的な意見です。あくまでも「個人の感想です。」

これまでのThinkPad X1 Carbon 2017(5Gen)やThinkPad X1 Carbon 2016(4Gen)を使用されていた方は、もし2018モデルの実機を触る機会がありましたら確かめてみてください。

 

WWAN(LTE)と 2TB SSDのオプション選択について

ところで、WWAN(LTEモジュール)の選択ができるようになるのは4月からと以前記載があったのですが、今見るとThinkPad X1 Carbon 2018 と ThinkPad X1 Yoga 2018 はいずれも5月中旬からに変更になっています。

f:id:tonf:20180411213650j:plain

要注目は、この画像にあるとおり、2TBのNVMe SSDがThinkPad X1 Carbon 2018で選択できるようになったことです。

お値段は、残念ながら128GB SATAに243,000円増しと、増しに増してお高くなっております。実際には本体と一括の割引で7割ほどの価格になり17万円程度とそれほど相場から離れているわけではありません。リスクを冒して裏ブタを開けるよりも最初から組み込んでもよい価格差です。

話がそれましたが、ThinkPad X1 Tablet 2018 については、WWAN(LTE)がすでに選択できます。

f:id:tonf:20180411214616j:plain

画像のとおりWWAN(LTE)のオプション価格は0円ですので、選択しないともったいない設定となっております。ThinkPad X1 Tablet 2018 を購入される方はお気をつけください。

 

最後に、例年春頃には最新モデルの米沢生産が始まると思っていたのですが、2018年の今年はまだお知らせがありません。現時点で ThinkPad X1 Yoga 2017 があと数十台限定で受注されているので、もしかしたら、もしかしたら、そろそろかもしれません。