ThinkPad X1で行こう!

ThinkPad X1 Yoga のレビューとか…

ThinkPad X シリーズに新たに Extreme が追加されましたが、そもそも X カテゴリの特徴はなんの?やっぱり X1 Carbon と思うよ。

ThinkPad X シリーズ とは

 

ThinkPad X シリーズの紹介サイトには次の記載があります。

ファーストクラスのエクスペリエンス

小型でありながら長時間駆動のバッテリーを搭載した X シリーズは、モバイル・ビジネス・ユーザーの信頼できるパートナーです。クラフトマンシップと多様性、堅牢なセキュリティを特徴とするこのモデルは、あらゆるプロフェッショナルの期待に応えます。

 

ThinkPad X1 Carbon は約1.1kgの重量ですが、新たに追加されたThinkPad X1 Extremeは約1.8kgあり、小型とかモバイルとか言うのはちょっと苦しいのではないかと思います。

f:id:tonf:20181013081246p:plain

ThinkPad X1 Carbon の良さは、14インチ画面なのに軽量で持ち運びやすく、ノートパソコンとしての入力のしやすさがウリだと個人的に考えているのですが、Extremeはさすがに「モバイル」に至らず、デスクトップに鎮座したままになりそうです。

私が今使用しているThinkPad X1 Yogaは1.3kgほどあり、当初はYoga形状と収納式ペンに惹かれて買ったものの、結果的にはペンは小さすぎて使用頻度が少なく、より軽量のX1 Carbon でもよかったかなと思っています。

ThinkPad X はやっぱり ThinkPad X1 Carbon 一択!?

 

ThinkPad X シリーズの中で購入を迷っているのであれば、私のおすすめ本体とオプションも参考にしてみてください。

 

1.モバイルには軽量も重要だけどディスプレイも大きくなくては

 →14インチで最軽量のThinkPad X1 Carbon がおすすめ

 12.5インチは同程度に軽量なものの画面が小さく、キーボードも少し余裕がないので、年を取るにつれて大画面かつ余裕のあるキーボードにありがたみを感じるようになります。いまとなっては14インチでも縦の幅が短く、15.6インチの軽量タイプが出ないかと期待しているくらいです。

 

2.入力の選択肢は多数あるほうがいい

 →ディスプレイはマルチタッチタイプがおすすめ

 Yogaに付属しているペンは細く短く、長時間使用には向きません。またディスプレイを立てた通常使用では画面が揺れて力が入らずペン入力には向きません。ですが、キーボードを打ちながらであれば、画面の数か所をタップするのにはマウスに手を伸ばすより指で画面をタッチするほうが早くて活用できます。赤いポッチのトラックポイントとの併用で楽に操作ができるように思います。

 

3.スピードに対するストレスを低減させるのはストレージの選択が重要

 →ストレージはSSDのNVMeタイプがおすすめ

 SSDであってもより高速なタイプが長期利用でペイしやすいと考えています。CPUはフルパワーで回すことは少ないと思うので、お金をかけるべきはSSDの種類で、その次の段階でSSDの容量やCPUの性能にこだわるのがよいと思っています。いままで起動に時間のかかるPCを利用していた方にとっては(私もですが…)、毎回の起動の早さだけでも、時間をお金で買ったと思えるくらいストレスが減ると思います。

 

その他のオプションは、懐事情と予定している利用形態に応じて決めてよいと思います。ThinkPad X シリーズは次のレノボサイトでじっくり比較してみて下さい。

ThinkPad Xシリーズ | ウルトラモバイルPC | レノボジャパン

 

※個人の感想です。購入にあたっては公式サイトをよくご確認ください。

画像:レノボジャパン